【深圳】1泊3日の中国・深圳旅行記

東京から深圳へ

午前6:35羽田空港発、Hongkong Express(UO625)で香港に向かいました。 6:35発の便なんて、空港に何時に着けばいいんだよ?と思いますが、香港エクスプレスの日本発便は事前にWebでCheck-inすれば、直接搭乗口へ行くことができます(※預け荷物がない場合)。

なので、羽田空港に6:00着の電車でも間に間に合います。きっと。

また,Hongkong Expressは搭乗券をiPhoneのWalletに搭乗券を入れることができるので便利です。

blog.akitwo.com

香港到着

定刻通り10:45に香港国際空港に到着しました。Simを入れ替え、ローミングをONにし、直接深圳に向かいます。

f:id:synapse51:20180417142228p:plain

繋がった。

事前に日本のAmazonで香港と中国で利用できるSIMカードを購入しました。

香港国際空港から深圳へ

香港国際空港から深圳への行き方は - 電車 - バス - フェリー などあるようですが、最初の目的地が華強北路であること、早くて安いことからバスを利用しました。空港バスA43に乗って、MTR上水駅まで行きます。 日本のSuicaのような交通カードは香港にもあります。名前は「オクトパスカード」と言って、駅やコンビニで買えます。

f:id:synapse51:20180417140937j:plain

電車に乗ってMTR羅湖駅まで行きます。

f:id:synapse51:20180417141017j:plain

羅湖駅から徒歩で越境し、羅湖口岸(深圳)へ行きました。

f:id:synapse51:20180417141004j:plain

blog.akitwo.com

華強北路

f:id:synapse51:20180417140855j:plain 羅湖口岸からホテルのある華強北路へ向かいます。警察に行き方を聞いたらボッタクリタクシーに案内されました。DiDiか地下鉄で向かったほうが無難です。

今回は地下鉄で向かいました。深圳ではオクトパスカードを利用できないので、深圳で利用できる交通カードを購入しました。駅の自販機自動販売機で売ってます。

地下鉄の場合は緑の地下鉄に乗り、大剧院で乗り換え華強北路で降ります。

f:id:synapse51:20180417140744j:plain

ガジェット街に着きました。いろいろありすぎて最初迷うと思うのですが、こちらの本を参考にして、色々探索しました。

IoT関連の商品も沢山あります。

f:id:synapse51:20180417141106j:plain

マックはタッチパネルで注文し、wechat payかアリペイ払いです。

f:id:synapse51:20180417140923j:plain

ご飯の宅配も盛んです。

f:id:synapse51:20180417140646p:plain

カラオケBoxもあります。

f:id:synapse51:20180417140836j:plain

深圳のDJI

ドローンが格好よくディスプレイされてます。中国でしか買えないアクセサリーなどいろいろ売ってました。

f:id:synapse51:20180417140911j:plain

真っ白Mavec.

f:id:synapse51:20180417141040j:plain

チームラボのイベントもやってました。

f:id:synapse51:20180417141055j:plain

大芬油画村

モネやゴッホの絵の模写が売られています。模写だけでなくオリジナルの絵も売ってます。クオリティ高い絵が多かったです。しかも数百円から買えます。

f:id:synapse51:20180417140951j:plain f:id:synapse51:20180417140813j:plain

まとめ

1泊3日でも十分すぎるくらい深圳を楽しめました。ガジェッドや中国のITサービスに興味のある方は一度行ってみてください。