Via Tokyo

旅行,ガジェット,日々の考察など

【スリランカ旅行記4】列車で古都キャンディーから紅茶の街ヌワラエリアへ。紅茶畑で飲む紅茶は格別です。

2018年の始め、スリランカへ旅してきました。その旅行記です。

f:id:synapse51:20180320104934p:plain

旅の4日目はキャンディから紅茶畑で有名なヌワラエリアへ向かいます。 一般的な行き方は、バスか電車です。今回は電車で移動しました。

列車でキャンディーからヌワラエリアへ

ヌワラエリアの最寄り駅はヌワラオヤ駅です。朝8:50発の列車しかないので、その列車に乗りました。

チケットの買い方

チケットは2018年1月現在はオンラインでの予約はできません。なので窓口で購入します。 チケットは大きく分けて事前予約と当日券があります。何日もキャンディに滞在する場合は事前予約可能ですが、旅行者の場合はほぼ当日券を購入することになると思います。

f:id:synapse51:20180320105638p:plain 当日券は朝8:00から窓口で販売されます。5番窓口で購入できます。当日券だと指定席はありません。自由席のみとなります。恐らく自由席の数制限はないので、買えないということはないと思います。2等車で160Rsです。

乗車

f:id:synapse51:20180320110059j:plain チケットは紙です。列車内でも確認されるため、捨てずに持っておきましょう

f:id:synapse51:20180320110603j:plain ホームは改札を出て目の前に列車は到着します。ホームのどちらからでも乗車できるのでどちらか好きな方で列車を待ちます。始発駅でないため席を確保できる可能性は低いですが、列車が来たらすかさず乗り込みましょう。ヌワラオヤまでは4時間以上かかるため席が取れないと大変なことになります

また、席は進行方向に対して右側がおすすめです。ほぼ右側が谷になっているため、紅茶畑の絶景を楽しめます。

移動中

f:id:synapse51:20180320111138p:plain 生憎席を確保することができませんでした。車内は人気路線なこともあり、まぁまぁ混んでいます。

f:id:synapse51:20180320111633p:plain 途中車内販売があります。飲み物や軽食を買うことができます。

f:id:synapse51:20180320112034p:plain 前半の3/4くらいは山道をノロノロ走るだけで特に絶景はありません。後半1/4から車窓を楽しめます。

ヌワラオヤ到着。ヌワラエリアへ。

キャンディから5時間以上かかりヌワラオヤ駅に到着しました。標高1800mほどあり少々肌寒く感じます。ヌワラオヤ駅からヌワラエリアまではトゥクトゥクかバスで移動できます。トゥクトゥクの場合は400-500Rsほどで市内のホテルまで行ってくれます。

ヌワラオヤ駅→ヌワラエリア市内ホテル→紅茶工場→ヌワラエリア市内ホテル ならドライバー曰く2000Rsだそうです。

ヌワラエリアホテル

f:id:synapse51:20180320113916j:plain

Nuwara Eliya HomeStayというゲストハウスに宿泊しました。こちらも事前Agoda予約です。

f:id:synapse51:20180320114147j:plain 部屋はお値段程度ですが、サービスがとても良かったです。紅茶工場へ行きたいといえばトゥクトゥクを現地価格のお値段で手配してくれます。お腹減ったと言えば無料で果物やサンドイッチなど作ってくれました。心からおすすめできるゲストハウスです。

Nuwara Eliya HomeStay

ランチ

f:id:synapse51:20180320115906p:plain

遅めのランチはトゥクトゥクドライバーに教えていただいた、現地で人気のお店。City Food Center へ。

f:id:synapse51:20180320115947p:plain バイキング形式でスパイス料理を頂けます。料金は定額ではなく、おかずごとに決まっているようです。細かい値段は不明ですが、お皿を見せると料金を計算してくれます。

紅茶工場見学

f:id:synapse51:20180320120610p:plain

ヌワラエリアに紅茶工場はいくつかありますが、北部のMACKWOODSに行きました。こちらは無料で楽しめます。トゥクトゥクで30分程度で行くことができ、料金は往復1000Rsもしないです。

f:id:synapse51:20180320120636p:plain

ガイドの方が無料で紅茶工場を案内してくれます。紅茶の種類から作り方まで教えて頂きました。紅茶工場の見学が終わるとカフェに案内してくれます。

無料で一杯いただけます。ミルクティーかブラックティーを選択できます。

紅茶工場の前は紅茶畑が広がっていました。

まとめ

  • キャンディへはヌワラエリアはバスか列車で移動できる
  • 列車は5時間160Rs
  • 当日券は朝8:00からキャンディ駅で購入できる
  • 混んでて席が取れないと苦行だけど、車窓からの眺めは素敵
  • ヌワラエリア-紅茶工場(MACKWOODS)は30分くらいでトゥクトゥクで往復1000Rsいかないくらい
  • 紅茶畑で飲む紅茶は最高
  • ヌワラエリアに泊まるならNuwara Eliya HomeStay

blog.akitwo.com